【映画レビュー】神様メール(字幕版)

きょうのプライム・ビデオ

30日間の無料体験を解約し忘れ、うっかり1年契約してしまったAmazonプライム

長年利用してきたAmazonを、今更大活用
うっかりAmazonプライム 先日、お急ぎ便目的で【Amazonプライム】の無料体験に申し込んだまま、1ヶ月で解約するつもりが、すっかり忘...

でも特典の一つ、Amazonビデオからピックアップされた映画が観放題という、「プライム・ビデオ」のおかげで、動画配信サービスいらずの幸せな毎日。

今回は【神様メール】を観ました。2016年に色んな所にノミネートされたり受賞したりしてるらしいのですが…

観てる間も、観終わっても不思議な気持ちの映画。もちろんコメディでもドラマでもなく、SFか、ファンタジーかと言われても、うーん…といいたくなる。なんというか「おっと感想は言わせないぜ」みたいな感じの…うん。伝わりませんよね。全然w

自分にとって、落ちている時、映画を観るのはすごくよい薬なんですけど、あまりのコメディだと温度差がありすぎて笑えないし、泣けすぎる映画や考えさせられる映画はちょっと脳みそがついていけない。

自分と重ねない程度に非現実的で、なにかを投げかけるわけでも何か残るわけでもない、だからと言って、記憶に残らないわけでもない、そんなのを求めていたわけで。そんな心境にはとてもピッタリの映画でした。

主人公が姪っ子に似ていてキュートだったことと、歳をとったカトリーヌ・ドヌーヴがたっぷり見られたことも+ポイント!

現実に「神様」がいる、という、宗教が主なベースの内容だったのですが、ちょっと、さすがに何も知らないわたしでさえ「え?ここまで宗教いじって大丈夫なんだろうか?」と思ってしまったわけですが、感想のコーナーで「宗教への風刺である」と書いてありました。なるほど、そうなのかもしれませんね。あ、子供出てますが、たぶん、子供向けではないです。

ちょっと特殊なので、参考になるインテリア、というのはありませんでしたが、千と千尋の神隠しに出てくるような、壁面が引き出しだらけの「神の部屋」と、カトリーヌ・ドヌーヴが演じるマルティーヌの自宅(壁面全部に並んだ靴!)なんかは、ちょっと印象的でした。

【映画インテリアレビュー】にはなってませんので、タイトルは【映画レビュー】で。うん。映画のレビューですらないのは、脳みそが非常に弱っている時なので、許してください。

Ranking

「一人暮らし」人気ブログランキングに参加しています!
いつもポチ!ありがとうございますっ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク