知らないことだらけ!生活のためのルールとマナー

StockSnap / Pixabay

長年生きてきて、ひとり暮らしもだいぶ長くなったというのに、テレビ嫌いで、人との交流がごくわずかのひきこもりのせいもあり、生活でも知らないことだらけ。ちょっとここ数年のそんなお話をいくつか。

電池の捨て方

「ゴミの捨て方」というのは地域ごとに違ったり、なにかそれぞれマイルールがあったりして、たまに友人と話すと面白い発見があったりするものです。

わたしは家の中全体がゴミ箱のくせに、リサイクルにはなかなか積極的で、区別や処理など、友人の中でもトップクラスの成績でした 笑

なのに!わたしとしたことが、つい先日まで、電池の捨て方を間違っていたのです…

アルカリやマンガン電池、ボタン電池は大抵、ビニールなどにゴロゴロと貯めておいて、ある程度の量になってから近所に数か所ある回収ボックスに捨てに行っていました。

エネループ系の電池や充電池は、ひきこもりなのでなかなかリサイクルボックスのある店に出向けず、かなりの量がたまってしまっています。

でも、電池って、捨てる時、セロハンテープ等で絶縁しなくちゃいけなかったんですね。ショートして発熱や破裂するかもしれないとかどーとか。全然知らなかった!((((;゚Д゚))))

パナソニコー公式さん↓のありがたいページ

http://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/a_id/18219/~/使い終わった電池の捨て方は?-pz18219

捨てようと思ってためておいてる電池は慌てて絶縁処理をしましたが、パッケージからでてしまった新品の電池も、家の引き出しでゴロゴロしていました。これは急いでどうにかしないとね。

スプレー缶の捨て方

そして、ガス系の入ったスプレー缶の捨て方。よく、針のついた、スプレーに穴を開けるツールや機械が売られていますよね。

わたし、昔誰かに穴を開けるように教えてもらったことがあって、その通りに、少し前までは釘とハンマーで処理してたんですが、これ、最近ではやってはいけないこととしてサイト掲載されていることが多いんですね。

よかれと思ってやることが大きな事故を招きます。うちのガス漏れ警報器が感度が良すぎて、スプレーはもちろん、エタノールでのお掃除でも鳴り響くため、スプレー類自体ほとんど使わなくなりましたが。

洗濯機の水栓

そして洗濯機。全自動洗濯機の水栓部分って、開きっぱなしの方って意外に多いんじゃないかと思うんですけど、新しい洗濯機を購入した際、取り付けの方が「出かける前にはなるべく閉めてくださいねー」と。

蛇口をオープンにして、無理やりゴムやネジでフタをしている状態なので、ちょっとした拍子にはずれてしまう事故が結構多いとのこと。少し留守にして帰ってみたら、部屋がプールになってたとか…色々と恐ろしい( ;∀;)

友人と話していると、「わたしですら知ってるのに、専業主婦のあなたが知らないなんて!」なんていう内容だってよくあります。「知らない」のは、自分が不便ではないからで、知らなくても生きて行けるからなわけで。そういうことって必ず他人に迷惑をかけることにつながってしまうんですよね。

ひとり暮らし。できるだけひっそり、心地よく暮らして行くために、理由のあるマナーやルールは、できるだけ正しく知っていきたいな…と思うのでした。それでなくても色々とそそっかしくてやらかしてばかりなので…

Ranking

「一人暮らし」人気ブログランキングに参加しています!
いつもポチ!ありがとうございますっ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク