「夢」の不思議と、気が狂わずに夢日記を書く方法?

ejaugsburg / Pixabay

先日の、グッドナイト27000のレビューで、自分と睡眠について触れましたが、今日はちょっと「夢」の話を。

【クチコミ】グッドナイト 27000 (GOOD Night 27000)を試してみました
こんなところに迷い込んでしまったみなさま、本日は「楽天スーパーセール」をお楽しみでしょうか。わたしはリアルでもネットでも、セールのように、追...

もともと睡眠障害持ちで、眠りが浅いせいかわかりませんが、わたしはほぼ毎日夢をみます。

昨日は高校の時の同級生メンバーの飲み会に、上原多香子ちゃんが乱入。「あ、××年前、よくメンバーで六本木にいたよね〜」(←実話:よくみかけた)と話しかけている夢でした 笑

このように、大抵は記憶や深層心理が反映されたのね、というごく普通の夢なのですが、時々説明のできない印象的な夢があって、気になって夢事典/夢判断の本を買ったことがあります。

数年前、サイト制作していて壁にぶつかり、いくら検索しても目的の方法をのせてくれているサイト様にたどりつかず、途方にくれていた時、HTML+CSSのコードを、そっくりそのまま夢でみて、朝起きたら解決してしまったということがありました。自分が知らなかったはずのことなので、今でも不思議です。

母親に聞いてみるとあっさり、この方も同じ状況でソーイングの新手法を夢で編み出した経験があるそうで。「脳みそが起きてんのよね〜♪」という、すごく冷静な感想で、まあ、科学的?にはそれで間違いないのでしょう。

でも、母の祖母は、息子の戦死を夢で知ったという人だし、姉も収納場所を当てたり、ファミリーの変化を察知したり、虫の知らせ的な勘が鋭い人です。

そして、わたしも、おじいちゃんが亡くなった時に、夢で、子供の時のようによしよしされながら、ちょっと「想像」だけでは片付けられないような、あるメッセージを受け取りました。

どれも霊感というほど強いものではありませんが、こういう第六感的な感覚は誰もが持っていて、時々何かのタイミングでピッタリ波長があうのかな?と思うわけで。わたしはそれが夢の中なんじゃないかな、と。なら「もしかして訓練したら睡眠時間有効利用できんじゃないの?」と、一石二鳥的なずる賢さで興味を持っているのです。

そして、最近は、何の意味があるのか、たびたび「フルネーム」を夢にみます。

「あ ん ば あ  る う む」

のように、あまりにはっきり夢の中に響き渡って一旦目覚めるので、一応メモしておいて、ウェブ検索するのですが、まあ当然、全く知らない世界の、知らない人たちが出てきます 笑  これが何かに繋がったら面白いのにね〜。

そして、昨日は名前ですらなく、

「よ う か い へ そ も ぐ り」

でした。もちろんそんな妖怪いませんでしたwww。そういえばわたし、このブログで自分のHN決めてなかったので、「へそもぐり」にしようかしら…。

夢ってすぐ忘れてしまうので、枕元に起きてすぐ書けるメモを置いて、「夢日記」を書くと良い、というようなことをどこかで読んだことがあったので、改めてウェブ検索してみると、「夢日記を書くと現実と区別がつかなくなって気が狂う」という、大手掲示板の情報ばかりヒットしました…(;´∀`)

あまりこちらに傾倒してしまうと「ああ…ひとりだから、やっぱりね」的な方向に思われるのがオチですが、たまに自分の想像力を超えた、マンガのネタにもなりそうな壮大・スペクタクルな夢をみることがあって、ハンドメイド作品のインスピレーションにつながるかもしれないので、忘れ去ってしまうのも惜しい気がするのです。

どうにかうまく記録する方法はないだろうか?なるべく気が狂わない方向で… 笑

Ranking

「一人暮らし」人気ブログランキングに参加しています!
いつもポチ!ありがとうございますっ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク