マツコ・デラックスにおれはなる!

amfXZ / Pixabay

わたしがピークに太っていた去年のお話。成長して生意気になってきた姪っ子たちが、一番上の子の影響で、「デブって大っ嫌い」とか言い出した(# ゚Д゚)

一番上の子は、どうやら太った子に執拗にいじめられたようなのだけど、他の子は別にそうじゃないし、なにより、そういうこと言ってるガキって全くかわいくない。わたしだってけなげなアルバイト時代、巨大な女子にパワハラされまくったことあるけど、それと体型は関係ないだろ。

「じゃあわたしのことが嫌いってこと?」と聞いてやったら「◯◯ちゃんは全然太ってないよ」「ねー」とかいってごまかしやがる。わたしが今の3倍になっても大好きなくせに。ふん(*´ェ`*)

その歪んだ偏見をぶち壊してやろうとばかりに、みんなでテレビを観ていた時にちょうど出てきたマツコ・デラックスさんを指差し、「あ!わたしマツコ・デラックスだぁーーーーーい好き!本当に面白いし頭いいし!」とさけんでみまして。姉や母も同意して「うんうん。わたしも〜。服パタパタするところも可愛いよね〜」なんて、なごんだ時、当時幼稚園の一番ちいさい姪っ子が

「だいじょうぶ。とってもにてるよ( ´∀`)」

と、こんなところで、いつもの優しさ発揮。

思わず固まって、スローモーションで自分を見ると、ちょうどてっぺんでアップした髪に、体型の隠れる黒いたっぷりしたワンピース…。恐る恐る周りを見渡せば、笑うに笑えず中途半端な表情で固まる姉と母。

空気を読みまくる幼稚園児は、そこで「にって…ないかも…ね?」とかブツブツ言い出して、結局みんなが吹き出してしまいました。

ごめん。うまく説明できないけど、…それとこれとは違うんだわ。

そしてダイエットで10kg落とした今年の夏。

痩せたね、痩せたね、と言われてまんざらでもないわたしが、「マツコ・デラックスて言われたしなっ」と返すと、覚えていたらしくソワソワする姪っ子ズ。(こういうところが子供たまらん)

「た、体型じゃないよ〜!顔って言ったんだよ?( ´∀`)」
「ねー?」

…また余計な気遣いをしてくれました 笑

今まで申し訳ないほど可愛いアイドルからじいさん、動物、そして”モノ”まで、本当に様々な人に似てると言われて続けてきた、結局平凡な顔の持ち主。子供の言うことですから別に似てはないんですけどね〜、って締めるつもりだったんですが。

なんか、今になって、すごくパーツが似てる気がしてきた…。

そして彼…彼女?はいつもキレイにしてるわけで、女を捨てて、ノーメイクで「安静」にしてるわたしは、「似てると言われて申し訳ない。もっともっとマツコ・デラックスみたいにならねば!!」と、変に反省してしまいました。ダイエットは引き続き続けるので、「Mサイズのマツコ」と言われるようがんばります。

Ranking

「一人暮らし」人気ブログランキングに参加しています!
いつもポチ!ありがとうございますっ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク