ワクワクお隣観察日記

Giovanni_cg / Pixabay

わたしの部屋はごく普通のワケあり賃貸なのですが(←普通じゃないw)このあたりはたぶん高級住宅街…。いや。厳密に言うと、もう少し奥に進むと、いくら歩いても門にたどりつかない家とか、家に巨大なゴルフ打ちっぱなしがあるようなスーパーリッチ家のエリア。

そしてここは昔は庶民エリアだったけど、そのリッチエリアの影響でじわじわ地価があがってきた、といったところでしょうか。だから、プチ成金さんぽい新しめの個性的な家々と、昔から代々続いていると思われる、かなり古い家のコントラストになっています。

ちょうど隣の家が、ちょっと目立つほどの古い洋館のような巨大な旧家だったのですが、今年に入って建て替えをはじめました。

都内は田舎と違って家と家がものすごく近くて、一部くっついていたりどちらの所有かわからない部分があったりするので、解体中、思わず怒鳴り込みに行きたいぐらいの騒音と振動が延々続いていて、春〜夏にかけてはもう気が狂いそうでしたが、帰省前に、土地の1/3ぐらいにようやく家が現れはじめ、戻ってみると人が暮らしていました。

でも…それがねぇ…。なんでわざわざ一つ一つにこれを選んだのだろう?と首をかしげてしまうほど、面白みのないフツーの家なのです。その巨大な敷地と、デザイナーズの変な 個性的な家の立ち並ぶエリアにはなんだか不釣り合いで、正直、門のついた小屋かプレハブみたい…。

いや。完全に余計なお世話ですよ?そうなんですけど…なんというか。庶民がお金持ちに求めるものってあるじゃないですか…。それに、あれだけ迷惑かけられた分、豪邸を楽しみにしていたのに、こ、こ、コレ???という。それまでの洋館は古いけどなかなか素敵だったので、センスも結構期待していたんだけど。

望みはあとの残りの土地2/3。もしかすると、ここは仮住まいか、別宅 or 賃貸用なのかもしれないじゃない。そうよ!わたしが目の保養で舞い上がるような家とかカフェとかができるのかもしれない!!

でも…もし、もし、ムスコの代で相続税で辛くなっちゃって、安い家をたてて、2/3は売る、とかだったらどうしよう。この不完全燃焼で、この先どうやって生きよう〜!

とか…もだえて、楽しんでおります。お隣さん、もし気に入っている理想の家だったら心からごめんね 笑

そういえば、駅へ行く裏道の途中に崩れ落ちそうな家があって、「ある日おばあちゃんを助けたら、心底感謝されて土地を譲り受ける」はずだったのですが、あっけなく駐車場になってしまっていました( ;∀;) おばあちゃんが住んでいたかどうかもわからないんですけどね。

わたしはどうもお金に縁がない道を選択してしまう性格なのと、お仕事を依頼してきては踏み倒す詐欺師たちを引き寄せる体質?なので、リアルな近い計画上には、家もマンションも買える予定はないのですが、地球に人間として産まれた以上、自分で1つ1つ選んだ理想の家に暮らしてみたいなぁ…と思っております。結構切実に。

あ、Top画像は、お隣に、こんな家が建っちゃうのかも〜♪、と、解体中に期待したレベルの家です…

Ranking

「一人暮らし」人気ブログランキングに参加しています!
いつもポチ!ありがとうございますっ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク