骨まで愛して欲しいのよ/頚椎症性神経根症の経過

今日は「頚椎症性神経根症」帰宅後、2度目の通院日。

数日前から、最初動けないほどだった痛みがウソのように引き、たまにしびれを思い出すぐらいに回復していたので、「これで病院通いは終わりだ!ネットでみたよりずっと早かったな( ´∀`)」と喜んででかけまして。

先生にも痛みはほぼないと伝え「ほらこーんなに元気」とばかりに笑顔を見せたのですが、軽くクィッとひねられて、「イタタタタタタなにすんねん」状態で、ニコニコとリハビリ室に送られました(;´д`)トホホ…

第一印象あんまりよくなかったけど、なかなかわたしのような動物の扱いをわかってる先生で気に入ったわ。レントゲンで素人でもわかるほど歪んでたものがそんなに簡単に治るわけありませんよねー。

リハビリ室では、優しい先生が、戦場カメラマン、渡部陽一氏のようなリズムで、丁寧に正しい姿勢や家でやる運動を説明してくれました。おじいちゃんおばあちゃんを相手にしているせいでしょうか。笑顔と丁寧さと気の長さでもう、後光がさしてました。

「無理はしないでくださいね〜」と必ずつけたしてくれるこの先生とともに、これから半年ほど(まじめにやれば)かけて、必要な部分に筋肉をつけ、姿勢を直していきます。

そうそう。実家のお医者さまからの紹介状に入っていたレントゲンCD-ROM、「いいなあ。わたしも欲しいなあ」と思っていたのですが、なんと今日、「返却です〜!」って普通に返してくれました( ´∀`) やったー!何に使おう【写真AC】にでも登録するれば誰か使ってくれるかな? 笑

身バレ?すると困るのでモザイクかけておきますが。これがこのブログでの初顔出し…いや…骨出しです 笑

Ranking

「一人暮らし」人気ブログランキングに参加しています!
いつもポチ!ありがとうございますっ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク