何十年も自分と共にあった「たばこ」の話など

禁煙マンション

うちはベランダや物干し台は充分にあるのですが、洗濯物はすべて部屋干しです。湿気の多い部屋なので、外に干したい時もあるのですが…。

そう。外に干していると、隣人たちの煙草の煙で全部がヤニ臭〜くなってしまうのです…。

この家は、大家さんの希望で、女性専用のマンション。ここに引っ越してきた時、ストーキングから逃げていた時期で、「目立つし、入ってはこれないだろう」と、ひどく安心したのを覚えています。今では男性に入ってくれと土下座しても断られると思いますが… 歳をとるのはなかなか怖いものです 笑

更に「禁煙」が条件でした。当時ヘビースモーカーだったわたしは、契約途中で物件自体を諦めかけましたが、不動産会社が続けて「だからベランダで吸ってくださいね〜」ということだったので、そのまま契約したのです。

きっと周りも同じなのでしょう。規則を守ってベランダで吸っている、真面目な良い子たちなのです。わたしも、辞めるまではベランダで散々吸い続けたし、迷惑をかけていたかもしれないなどと思いもしませんでした。

そして、自分自身も、自分を棚にあげて音だ臭いだ振動だと騒ぐ自己中BBa…たちのおかげで、本当に嫌な思いしてきましたし、おそらく結婚前の、わたしより一回り以上は若い女性たちの、一番幸せなひとり暮らしタイムを、ばあさんの洗濯物ぐらいで壊したくありませんので、窓を開けていても煙が流れてくると、そっと閉めるという、おとなしいヌシとなっています。

だから、もしここから出られるのなら、条件に煙の届かないベランダ、を加えたいと思うのですが…この時代の都会では、ちょっと難しい希望なのかもしれませんね。

禁煙と喫煙

ついでに、特に他に書く場所も機会もないので、タバコについての個人的な思いなど。

わたしは、依存というだけでなく、タバコの存在を特別に愛し抜いていました…。辞める頃には既に、世間でだんだん肩身が狭くなってきていましたが、「どんなに迫害されても、山奥に引っ越してでも吸い続ける」と宣言までしていました。

結局、あることをきっかけに、突然スッパリと辞めるわけですが、自分の意思のはずがなく、やっぱり周りに言われすぎて最終的に「キレ」たわけです。

もちろん、辞めてからいいことだらけですよ。体調も肌も。依存もなくなって気持ちもすっきりしたし、苦しい咳もピッタリ止まった。ご飯は美味しいし、部屋の家具や物も汚れない。長時間の禁煙レストランも、電車も飛行機も怖くない。

そして、ニコチンが抜けるにつれて、臭いが、煙がどんどん苦手になって、吸わない人にとって、どんなに苦しいかも、身をもって理解したし、自分なりに気遣いしていたつもりが行き届いてなかった部分にも気づいて、たくさんの反省もしたし、謝りました。

でもねぇ…。逆に「嫌いなものには近づかなきゃいいし、自分が避けることでけっこう心地よく生きていけるじゃない?」ということも気づいてしまったわけで。うん。これは嫌煙の度を超えすぎて、目的がもうタバコですらなく、「わたし本人」になっていた、ある友人に言いたいだけなんですけどね。

かなり辛い思いをしてやめたのもあって、飲み会や何かの勢いでも、うっかり戻ることはもうない、と言い切れますが、深〜く吸って、長〜く吐き出す、至福の瞬間の夢は未だにちょくちょくみます(*´ω`*) (なぜか衣装は学校の制服多しw)

そしてこんなにニオイが苦手になった今でもなんとなく、「歳をとったら、極力人と交流のない土地で、タバコをのんびり吸って老いるのもいいなぁ」と思ってしまうのでした。

と、もうすぐ書き上がるという時に、またご近所の一服が始まったようなので、聞こえないようにこっそり窓を閉めに行ってきます。わたしだけでなく、うちのハンドメイド商品が侵されてしまうのですよ〜(´;ω;`)

Ranking

「一人暮らし」人気ブログランキングに参加しています!
いつもポチ!ありがとうございますっ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク