CDと映画DVD、バックアップデータDVD/断【捨】離

断捨離中、待ちに待った燃えるゴミと古紙回収日!もちろん捨てちゃいけないものなど出しませんが、なんせ普段よりちょーーーっと多かったもので、一応、いつもゴミチェックしてる怖そうなご近所のヌシさまの出没時刻を避けて何度か往復w

思った以上に処分できたのが、仕事の資料棚!!よく見るとずっと前に支払い踏み倒された案件とか、何十年もペンディング??とか。そんなものとっとくとか律儀にもほどがある(ノД`)。当時のイライラとか落ち込みとか思い出し、邪気すらこもってそうな書類の山を、エイっと全部捨てることができました。

CDと映画のDVD

ここまで捨てても、あんまり部屋の見た目はかわってない、というかむしろ床への重なり荷物が増えて汚くなっていますが。ちゃんといっぱい減っているはず!引き続きどんどん減らすものを探します。

思った以上に占領していたのはCD・DVD!本当に必要なものしか残ってないはずが、育ちはじめた「断捨離フィルター」を通して見るとあら不思議。「生きるのに全く必要ない」と思えてきました。

jarmoluk / Pixabay

※↑イメージです/わたしの部屋ではありません

先日もご紹介したわたしのバイブル「「片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術」にも、「必要な時にアクセスできなかったら持っていないと同じ」とありましたが、今回のお掃除で、本当にそうだな、と思うシーンが何度もありました。

iTunesのある今、古いCDを出して聞く事もないし、映画のDVDだって、最近はしばらく、AmazonプライムビデオGyaOと、dTVしか観てない。

本同様、本当に手放せないものだけデジタルに買い換えればいいし、また観たくなってもAmazonビデオでのレンタルなら200円程度!しがみつくように抱えてる必要は全くありませんでした。

Amazonビデオでウォッチリストに登録→処分を繰り返し。ない作品もiTunesで発見したりして、全くデジタル化されていなかったものは3本ほど。それだけを残してこちらもスッキリ終了。

手間だけど、レンタルより安いなら観なおしてみたい人もいるかもしれない。即ゴミでなく、一応、ヤフオクに1周ぐらいは出してからにしようかと、これもダンボール重なってしまいました 笑 執着はどんどんなくなってるけど、根付いたモッタイナイ、はなかなか消えません…。

データDVD

実はここからが一番大変です。家仕事のわたしは、「仕事のデータのバックアップ」というものがあり、これが大きめダンボール1つぶんに増殖していました。

これを大幅に減らすには?とにかく容量の少ないものを1枚にまとめようかと、ダブルレイヤーのDVDは用意してみたけど…安HDDをいくつか買ってどんどん突っ込むほうが減るだろうか。

でも、思い起こせば、パソコンクラッシュとか、メディアが読み込めなくなって、あきらめたものだっていっぱいあった。そうなったら結局諦めるしかないのだから、なくてもどうにかなるんじゃないかな? そう思える今のわたしなら、もしかして、かなり捨てちゃったりもできるんじゃないかな((((;゚Д゚))))

200枚用のDVDラックがあるので、大切なものから、全部で200枚を超えないように。それ以上はみ出す分は、処分することに決めました!

まとめ

本、DVD。仕分けだけはしたものの、これからのコツコツ作業がたくさんできてしまいました。

でも、これは多分、片付け上手な人は、常に意識してやっている作業。溜め込んだわたしが泣くのは当然なのですね。積み重なるダンボールにはうんざりしますが、自業自得。あきらめて棚にもどしたりせず、何ヶ月かかってもやりぬこうと思います。

そしてもう一つ、データ化でスリムにできそうな物が出てきてしまいました。「写真」と、「昔のフィルム」です。ざっくり計算してみると、サービス依頼や機器レンタルよりも、フィルムスキャナ買った方が安上がり。一瞬でもまたモノが増えるのね…(-_-;)

でもこの先は本もCDもDVDもあんまり買わなくなるだろうし、これだけ処分したことを思えば、さすがのわたしも買い物の際、少しは考えるようになるのでは。

そうか。今、片付いた部屋に住みたい、というよりも、この先ちゃんと片付いた部屋で暮らしていくための修行なんだな、と、今更ながらまた「気づく」のでした…。

Ranking

「一人暮らし」人気ブログランキングに参加しています!
いつもポチ!ありがとうございますっ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク