気づきが多かった魔のキッチン:システムキッチン編/断【捨】離

魔のキッチン

簡単だったバスルーム、そのモチベーションでやっつけた洗面台に続き、魔のキッチンにやってまいりました。

実は、キッチンはこの部屋の一番のストレス源。ひとり暮らし用の小さな小さなシステムキッチンが、なぜか洗濯機・洗面台とは分けられてこれだけ部屋の中にあるのです(TдT)

コンロが一つなので、お鍋類は同時にいくつも出せない。調理スペースはシンクに斜めに載せるまな板の上のみ。

「どんくさい人間×使いにくいキッチン」が一緒になるとどうなるでしょう?そう。毎日何か食器を割り、生卵や液体をよく肘をぶつけて落とし。命を脅かす包丁のトラップを上手く避け…。せっかくの料理が口に入らなかったことも少なくありません。

おかげで姉が結婚前に置いていった、買い替えたいのになかなか割れてくれなかった古い食器軍が、この家でついに全滅!新しいのを買うことができたのですが、なんと2日後に割り、結局「間に合わせ」を買う羽目になりました…(TдT)

もともとお料理は嫌いじゃないのですが、当然こんなだと作る気も失せまして。不安定だったのも手伝って、しばらくコンビニ飯の暴飲暴食を続けていたわけです。

暴飲暴食アラフォー、ついに自炊スタート

人生うまく導かれるもので、ついに頑丈な内臓が悲鳴をあげました。「逆流性食道炎」になってしまった”らしい”のです。というのは医者がとても苦手で、自分でできることを全部やってみて、それでも苦しかったらいこうと思っているヘタレという意味で。

ネットで調べまくるわけですが、「逆流性食道炎」を治すメニューって、ストイックなダイエット食。なんだかなんにも食べられません…。

当然添加物不明のコンビニご飯など絶対アウト。仕方なく自炊をスタート、ついでに太りきってもう復活は諦めかけていたダイエットも再開したわけなのです。

自炊は調理器具が増え、毎日汚れる

どちらも心身にとってはいい事づくしな結果なのですが、やっぱり、見て見ぬふりだったキッチンのストレスを毎日感じるようになり、最低限で済んでいた調理器具も色々と必要となって、だんだん片付きにくくなってきました。うぅぅぅ!引っ越したいっっ

「システムキッチン編」となっているのは、冷蔵庫と、システムキッチン外に食器棚(らしきもの)、調味料、調理器具スペースがあるので、このエリアは数回にわけての大掃除です。

キッチン:システムキッチン

「ストレス源」というだけあって、比較的こまめに不用品整理をしていたこと、それまであんんまり自炊をしていなかったこともあって、今のところゴミが沢山でるほどではありませんでした。

ただ、自炊・お菓子作りをはじめたことで、必要なものがまた少しづつ増えてるので、これからは常に意識し、処分していく必要がありそうです。

憧れのキッチン、改めて考えるとあんまりイメージがなくてちょっと唖然。コレだ!という譲れない部分を、洋画などでチェックしとこう。

一つだけ、居室とのフローリング続きよりも、そこだけ掃除しやすい別床になっているのが理想。(すごくこぼすから)

捨てた物

・D◯C プ◯テインダイエットのボトル
・泡立て器(壊れた)
・余分なフライパンのフタ

捨てたものは少ない。

買い替え・買い足したいもの

キッチンバサミ

持ち手が壊れた…

小さい片手鍋・ミルクパン

便利だったガラスのお鍋を割ったので…

泡立て器

壊れたので

メジャーカップ

使っていたものが割れたので、なんでもいい、と100円ショップで買ったプラ。これはホビー用に下げて、やっぱりガラスにしよう。

水切りヨーグルトケース

水切りヨーグルトに夢中なのですが、ドリッパーのサイズが小さいので、こぼれたり、冷蔵庫の出し入れがしにくかったり。専用ケースがあったら絶対ストレス減!

パール金属 ヨーグルト メーカー ギリシャ スタイル 日本製 C-478

Vitantonioのホットサンドプレート

置く場所がなくてなんども検討後、却下されている人。古い限定カラーが好みなのだけど、2016以降から電源スイッチがついたとのことで、また悩みポイントが。

ブレンダー

ハンドタイプの方が便利か、通常のタイプのほうがよく使うか、ずっと迷っていて手に入らず…。

ToDo

銅のやかんを磨く

実家から持ち帰った銅のやかんが、もうとんでもない状態になってた。

シンク下の収納棚の配置

シンク下のワイヤー収納棚は、昔からのものを使っているので、無駄なスペースがある。プラ引き出しを使ったり、キチンとサイズを計って買い足すなどすれば、もう少し上手く空間を使えそう。

新居のチェックポイント

全く予定はないけど、もし引っ越せる時がきたら、のお話。

まずは今よりも絶対に広いこと。あとせめて部屋と分かれていて欲しい。上に描きましたが、キッチンには理想イメージが少なかったので、もう少し自分の好みを知らないと。

まとめ

断捨離の「断」を強く意識

いただきものの食品や、缶詰・レトルトが意外と長く使いきれず居座っていて、目に入るたびに使わなくちゃ!とプレッシャーがかかってたようです。

「コーヒー」など大好きなものでも、銘柄が違ったり、いつもと作り方が違ったりすると残りがち。ここは「断」を意識しなけれいけませんね。

胃のトラブルで今後カフェインも控えなくてはいけませんが、消費のため!と言い訳して、コーヒーゼリーなどを作ってしまおうと思います。

乾物や調味料などはファミリーサイズが基本なので、ひとり暮らしでの消費は限界があり、残ってしまいます。小腹が減った時にあれば便利では?なんていうインスタント類も、コンビニもあるので、賞味期限までなかなかタイミングがやってこない。使いきれる量を使う時に買うように意識しないと。

小さなストレスが潜んでた

本当に小さいことなのですが、意識をして掃除をしていると、S字フック(ごとき)が気に入らないものだったり、買い足ししてきたワイヤー収納棚が安物でぐらついていたりするのが小さなストレスだったことに驚き。

見えないし、使えればいいのだから贅沢だ、などという気持ちから優先順位が低く、放置してきたのだと思いますが、安く、すぐできるこういうところから先にやっつけていくのが大切、と感じた日でした。

こうして今後の断捨離のコツを掴んでいって、片付けが苦手じゃなくなる日が来るといいなぁ。

Ranking

「一人暮らし」人気ブログランキングに参加しています!
いつもポチ!ありがとうございますっ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク